自社で栽培する山田錦にとことんこだわった P28(Polish28)のお酒。
あえて日本酒というジャンルにこだわらず
どう栽培し、どう選りすぐり、どう精米するか。
その精米技術はゆっくりと優しく、
富山の清水が気の遠くなるような時間をかけて削り磨かれた小石のように磨き上げる。
マスターブレンダーは米の味、状態を見極め、
万にひとつの米粒を探しあてるかのごとく選りすぐる。
その米粒は本来農業家が手元におきたい、
いわば手塩にかけた娘をお嫁にだすがのごとく・・・・。
「農家が手元に置いておきたい米」で作る究極のお酒、
その名も「KISAKI」まさに后である
その年その年で最高山田錦で作る米酒。
いよいよお披露目の瞬間がやってきた。


お問い合わせ info@kisakijp.com

后 kisaki